アメリカでの話しかけられる率

アメリカにいると、現地の知らない人から話しかける率が高いです。遠出する時の列車で席が隣になったり、飛行機の中であったり、エレベーターの中も話しかけられる率は非常に高いです。これは私の性に合っていて、色んな人と話ができることに喜びを感じました。せっかく海外にいるのだから、知らないことを知るのも私が今ここにいる理由なんだと思えました。
日本でこれをやると、警戒するような白い目を向けられることが多いこと、向こうから話しかけられることがないことから私の心は粉々に砕け散ってしまいました。文化の違いというやつですね。もし人見知りを克服したいのであれば荒療治ですが良い機会になりますし、コミュニケーション能力も磨かれます。留学して英語が話せるようになればそれを現地で使わないのは大変もったいないので、積極的に使っていくことをオススメします。でないと日本に帰ってから使う機会を持てる人なんて一握りなのですから。私のようにただ忘れていくだけになります。